Implant

インプラントと他の方法の比較

虫歯等で歯を抜かなければならずに抜いてしまった歯は二度と戻ってきません。抜けたところを埋めるために主流だったのがブリッジと言う前後の歯を少し削ってその歯を橋桁としてかぶせる方法です。しかしこの場合削る分量が多くなり、健康な歯まで削らなければならなくなります。また奥歯は基本的に銀歯のブリッジなので口の中がギラギラ目立ってしまいます。
他には部分入れ歯と言う方法もありました。しかし入れ歯は口の中でぐらぐら動いてしまったり、強くかめなかったりと言うデメリットもあります。周りの歯にも負担をかけるので将来的に抜歯しなくてはならなくなることもあります。一方インプラントは前後の方を削らなくてもいいのです。失った歯の顎の骨に穴を開けチタン製のボルトを埋め込み、そこに人口の歯を取り付けると言う方法です。インプラントは周りの歯に負担をかけることがありません。しっかりと固定されるので顎が痩せる心配もありません。
しかしインプラントにはデメリットもあります。外科手術を伴うので治療期間が長くなります。保険が効かないので費用もかかります。また定期的なメンテナンスが必要です。長期的な治療が必要となるので信頼できる歯科医師を選ぶことが重要です。

PICK UP CONTENTS

TOP