Implant

インプラントは永久歯のようなもの

歯というのは一生使えるものではないのです。そして、毎日使っているわけですから、意識はしていないでしょうがどんどん磨耗しています。また、歯茎が悪くなってしまって歯が取れてしまったりすることもあるでしょう。そうしたときには諦めるしかないのかといえばそうではないです。それこそ入れ歯がありますし、最近ではインプラントも相当に安くなっているからです。
インプラントとは元々は体内に入れる義肢のようなもの全般を指す言葉になります。しかし、最近ではインプラントといえば大抵は歯科インプラントを指すようになっています。つまりは歯茎の中に器具を入れて、それを歯にするわけです。もちろん、一人一人で歯の形は違うことになりますから細かい調整もしてもらうことになります。こうした歯の材質ですが、実は一つではないのです。いくつも歯の材質がありますから、それをよく知っておきましょう。
まずは純チタンがあります。これが最も骨との結合性が良いとされています。また、チタン合金もよいでしょう。頑丈であり、純チタン同様の接合率が期待できます。もう一つが、ニッケルとの合金になります。形状記憶の力があり、形状に柔軟性があります。どれにするかよく考えましょう。

PICK UP CONTENTS

TOP